現状維持+αを狙う必勝法

オスカーズグラインド法は、勝率50パーセント、配当額2倍のゲームに使用可能な必勝法です。ダランベール法は、負けると1単位ずつ賭け金を増やし、勝つと1単位ずつ賭け金を減らしますが、オスカーズグラインド法は、勝つと賭け金を1単位ずつ増やし、負けた時は賭け金を変えません。そして、収支がプラスマイナスゼロあるいはプラスになった時点で止めます。ダランベール法と比較すると、オスカーズグラインド法は賭け金を減らさないので、負けが続くと損失が膨らみ続けるおそれがあり、その場合にはどこかで損切りをする必要が生じます。また、ダランベール法は、勝ち負けが交互になっても1単位ずつ利益を上げられることが利点ですが、オスカーズグラインド法は、勝ち負けが交互になった状態で止めずに使い続けると、損失は生じないものの、膠着状態に陥ることとなります。そのような状況になったらダランベール法や他の必勝法に切り替えるなど、戦術変更をすることをおすすめします。